中日本ハイウェイ・パトロール名古屋株式会社

チームの慧眼たち

安全のために、
違反車両ゼロを
めざしています。

2014年入社 金沢基地 金沢車限隊

荒川 峻輔管理士

Arakawa Shunsuke

金沢車限隊

人のために働ける仕事がしたいと思っていて、この会社のことを知って入社しました。最初は福井基地へ配属されて交通管理隊に在籍していました。車限隊に配属されてからは、取り締まりという仕事自体がはじめてなので覚えることも多く、いろいろなことを勉強しないといけないのが大変です。車種によって重さや車幅などの車両制限がちがいますので、それを覚えて、瞬時に判断できるのは本当にスペシャリストの眼なんだと思います。仕事に携わりながら覚えることもあるので、先輩や上司に教わりながら、日々勉強している感じです。

違反車両の取り締まりを通して、交通管理隊とはまたちがった意味で、高速道路の安全性向上に貢献できていると感じられたときにやりがいを感じます。道路自体を傷めたり、重大な交通事故につながったりする違反車両がゼロになるようにいまはがんばっています。ほかには、現場でありがとうと言われたり、感謝の気持ちが書かれたICSRアンケートハガキが送られてきたときは本当にうれしいです。

わたしの理想像は、笑顔第一でいる、お客さまからも好かれる交通管理隊のプロフェッショナルです。そのために車限隊での経験も必要ですし、通信管理基地での管制業務もいつかは経験してみたいと思っています。

この会社は、人に感謝される仕事をしています。お客さまに「ありがとう」と言われる仕事はそんなに多くないと思います。わたしもそうですが、やっていてよかったと思える仕事なので、人のために働きたい方はぜひ、仲間になってください。